heading icon Floors

にいがた文化の記憶館

  • 文化・観光
  • 5F

新潟県にゆかりある文化人を紹介しています

企画展示「生誕130年記念 新潟県人 直木賞作家第1号 鷲尾雨工―人と作品―」 会期 4月9日(土)~7月10日(日) 歴史小説を多数発表し、新潟県人で直木賞作家第1号となった鷲尾雨工(新潟市生まれ、1892~1951年)は、2022年に生誕130年を迎えます。 旧制小千谷中学校を卒業後は文学を志して早稲田大学英文科に進学しました。同級生には、直木三十五、青野季吉(佐渡市出身)、坪田譲治、西條八十など、後に文壇で名を馳せた人材がそろっていました。卒業後、直木三十五から声をかけられて出版社「冬夏社」を共同経営しますが、関東大震災で高額の負債を負い、小千谷に帰郷しました。しかし作家への道を諦められずに再び上京し、職を転々としながら執筆活動を続けました。再上京から11年、43歳の時に『吉野朝太平記』で第2回直木賞を受賞。歴史小説家として評価を高めました。本展では生誕130年を記念し、鷲尾雨工の生涯と作品を紹介します。


10:00~17:00(券売は16:30まで)
休業日 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替え期間

025-250-7171

一般500円、学生〔高校生以上〕300円、中学生以下無料
※20名以上の団体は各料金から2割引き

http://nmmc.jp/


  • 5F