メディアシップについてabout mediaship

新潟を代表する集客エリア=万代地区に交流・情報発信拠点。

メディアシップは新潟日報社の本社機能を核に、オフィスや商業施設、日報ホールやスタジオ、カルチャースクールなどのさまざまな文化施設が入る高さ105メートル、地上20階の高層ビルです。

日本海を行き来する北前船が日本の物流、文化の交流を担っていた時代、新潟港はその寄港地として栄えました。
帆に風を受けて進むその北前船をデザインに採り入れ、「新たな日本海時代への船出」をコンセプトに建設したのが、情報、学術・文化、商業、コミュニケーション機能を併せ持つ多機能複合型ビルのメディアシップです。

メディアシップが建設される万代地区は大型商業施設を有する新潟を代表する集客エリアです。
日本一の大河・信濃川と、新潟駅-万代-古町とつながる新潟市の都心軸が交差する場所でもあります。
重要文化財の萬代橋とその周辺の信濃川、やすらぎ堤は一体的に整備が進められ、新潟市を代表する景観、貴重な水辺空間となっています。

メディアシップは新潟のランドマークとしても県民読者に親しんでいただけるよう、エントランスフロアや屋外テラス、展望フロアなど自由に出入り可能なエリアも設け、新潟市中心市街地活性化の一翼も担います。

人をつなぐ、時間をつなぐ、まちをつなぐ「現代の北前船」

メディアシップは4つのビジョン(目標)を掲げています。

  • 1) 多メディア時代に対応した情報受発信拠点
  • 2) 学術・文化的機能を取り込んだカルチャー拠点
  • 3) 県民・読者が集うコミュニケーション拠点
  • 4) 省CO2化の先導的役割を果たすエコビル

新聞社の本社ビルというだけでなく、さまざまな機能や施設を生かして地域や社会との連携を深め、人・モノ・コト・情報が行き交う交流・情報発信拠点を目指します。

220インチの大型マルチビジョンを備えたエントランスフロアはイベント広場ともなり、最大300人収容の日報ホールは各種イベントへの対応も可能です。

20階展望フロアからは日本海、佐渡、信濃川、新潟平野の360度の眺望が四季を通じて楽しめます。

これまで新潟市内にはなかった多様なコミュニケーションの場が誕生します。

「現代の北前船」という設計コンセプトは、1階から4階までの低層階を船体に、5階から20階までを帆に見立てています。

メディアシップのロゴについて

メディアシップ ロゴマーク

メディアシップのロゴマークについては、県人でもある旧吉田町出身の故亀倉雄策さんが創設した(財)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)新潟支部に委託し、浅葉克己氏(JAGDA会長・第12回亀倉雄策賞受賞)の責任監修で制作されました。

コンセプトは「時代の幕開けを告げる、明るい船出」。
「帆に風をうけて進む北前船」をモチーフとした建物外観のカーブを組み合わせ、海に漕ぎ出す「メディアシップ」を表現しています。

メディアシップ 建物概要

建物名称 新潟日報メディアシップ
所在地 新潟市中央区万代3丁目1-1アクセスマップを見る
敷地・建築面積 6,127.82m2 / 4,648.95m2
延床面積 35,717.08m2
(本社棟29,207m2 / 駐車場棟6,370m2 / 駐輪場139m2)
構造/規模 地上20階建 / 高さ105m
用途 1~7階 商業・学術・文化・交流フロア
8~13階 オフィステナントフロア
14~18階 新潟日報フロア
19~20階 展望フロア
建築主 株式会社 新潟日報社
設計・施工 株式会社石本建築事務所
鹿島・福田・本間共同事業体

メディアシップ 施設のご案内

メディアシップ 建物概要
TOPへ